店長ブログ

今、考えてみると‥‥‥

先日、なんばパークスでガーデンマルシェに出店させていただきました。

 

 

 

IMG_3829

 

 

 

17時から21時でしたが実際には20時を過ぎると人通りも少なくなりました。

 

 

 

実質、3時間ぐらいの間でしたが70人以上の方に試飲していただき

 

 

 

20人以上の方にご購入いただきました。

 

 

 

 

 

 

その前は、大手筋ギャラリーという京都での出店。

 

 

 

IMG_3815

 

 

 

出店場所はマルシェの一番奥の1番目立たないところ、

 

 

 

しかも、台風接近で雨模様に暴風というおまけつき、

 

 

 

今まで出店した中で最悪の条件の中、

 

 

 

試飲されたお客さまの数多くがご購入いただくという

 

 

 

IMG_3816

 

 

 

本当に信じられないことが起こりました。

 

 

 

今まででは考えられない何かが起こり始めている!

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

僕自身、

 

 

 

その前の芦原橋アップマーケットから

 

 

IMG_4146

その変化に少しずつ気付き始めていました。

 

 

 

その気づきのきっかけは主催者様との世間話からでした。

 

 

 

8月16日の暑い最中、その日もかなりたくさんのお客さまに

 

 

 

擂茶を説明をすることができ、たくさんのご購入をしていただきました。

 

 

 

IMG_3745

 

 

 

主催者様にお礼を言いに行くと、

 

 

 

「えっ!本当ですか????」

 

 

 

とても、びっくりした様子でした。

 

 

 

その理由をおうかがいすると、

 

 

 

その日は、気温もかなり高く、来場者がかなり少なかったらしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これら、3回の出店がそれまでの出店とどう違うのかを考えました。

 

 

 

全て初めての場所なので場所では無さそうです。

 

 

 

本来、同じ場所でマルシェをするとお客さまに擂茶も、僕の顔も覚えていただき

 

 

 

擂茶のファンになっていただける。

 

 

 

そして、定期的に御愛顧いただけるのはわかるのですが、

 

 

 

全て初めての場所だとそれも考えにくいし‥‥‥

 

 

 

そう考えると

 

 

 

ある結論に達しました!!

 

 

 

お客さまへの擂茶の説明の仕方を変えたことかなぁ?

 

 

 

SIID CHA様との契約を機会に

 

 

 

台湾から会社概要をいただき、

 

 

 

そこからお客さまに安心していただける材料を抜粋してお伝えする。

 

 

 

それと、お客さまの声の中でも特に多い意見と

 

 

 

擂茶を「命の恩人」とおっしゃっていただいたお客さまの言葉。

 

 

 

最後に一番最初に擂茶をご購入の際の選ぶべき商品とその理由を伝えることにしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のお話しする内容は、以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

擂茶は、これらの原材料を低温で焙煎し、擂った(すった)

(原材料のディスプレイを指さし)

 

 

 

IMG_3938

 

 

 

台湾の客家民族の1,800年続く雑穀茶です!

 

 

 

松茶商店が日本で専売させていただいてる台湾のメーカー

 

 

 

SIID CHAは低温焙煎の技術を30年以上研究しているメーカーで、

 

 

 

台湾で1番、擂茶を製造しています!!もちろん客家民族の方です!!

 

 

 

DSCF5337

 

 

 

擂茶をご愛用のお客さまの声で1番多いのは、便通が良くなったという声です。

 

 

 

2番目に多いのは、(冷え性などの人が)めぐってる感じがするという声です。

 

 

 

3番目に多いのは、腹持ちが良いので看護師さんが夜勤の時の夜食に使っていたり

 

 

 

朝ごはん代わりにバナナとミルクでスムージーとして飲んでいるなど

IMG_2876

 

 

おやつやご飯の代わりにという声が多いです。

 

 

 

また先日、お客さまからFacebookでご連絡いただきましたが、

 

 

 

体調不良で食欲が全くないときに

 

 

 

擂茶で栄養補給できて本当に助かったと

 

 

 

「擂茶は命の恩人」とお便りを頂いたこと。

 

 

 

 

 

 

 

そこからは、お客さまのご質問内容によりますが、

 

 

 

飲む以外にどういった料理やデザートの材料とすることが出来るか?

 

 

 

IMG_4131IMG_3747IMG_3534豆乳擂茶プリン

IMG_3540IMG_3532

 

 

 

台湾のことやSIID CHAのことなど、何でもお答えするようにしています。

 

 

 

輸入も商社を通さず自分達だし、

 

 

 

ラベル表示などもほとんどを自分達で調べているので

 

 

 

ほとんどの事にお答えできるんです!!

 

 

 

 

 

 

 

そして、最終的にお客さまが商品を手に取り選ばれる際には、

 

 

 

150円を7個で本来1,050円を980円にした商品をおすすめしています。

 

 

 

IMG_4148

 

 

 

その理由は2点あります。

 

 

 

1点目は単純に1杯当たりが300gで1,450円の商品より5円安く

 

 

 

1杯当たり140円だからです。

 

 

 

手軽に擂茶を試していただこうと考えて作ったら

 

 

 

お客さまにお得な商品になっていました。

 

 

 

2点目に1袋に150㏄のお湯で溶くと薄すぎる擂茶になりにくからです。

 

 

 

大抵、300gや600gをご購入のお客さまは、次回お会いすると

 

 

 

こちらで試飲した時と味が違うとおっしゃいます。

 

 

 

それは、擂茶とお湯の割合が間違っている場合が大半です。

 

 

 

そう!薄すぎるのです!

 

 

 

それか沸騰したお湯で溶いているかのどちらかです。

 

 

 

そう!そうなんです!!分量が違うと全然別の飲み物になってしまうのです。

 

 

 

つまり、美味しくないのです!!

 

 

 

詳しい擂茶の作り方はこちらへどうぞ

http://www.matcha-store.jp/make.hml

 

 

 

そして、300gをご購入予定のお客さまにも7個お試しセットをおすすめしています。

 

 

 

商店としては単価の高いものをご購入頂くべきなのでしょうが、

 

 

 

商品を売るという概念を捨て去り、

 

 

 

お客さまによりお得な商品を説明することにしたのです。

 

 

 

もちろん、これだけお話しをして、

 

 

 

「また、来ます!」というお客さまもいらっしゃいます。

 

 

 

本当に擂茶のことが気になる人は本当にまたお越しになられるので

 

 

 

更にうれしくなります!!

 

 

 

また、お越しになられない方にも擂茶を知ってもらう事ができたので

 

 

 

すごく、幸せな気持ちになれます。

 

 

 

僕の尊敬する社長が新しい店舗を出す際に社人スタッフにあてたメモ紙に

 

 

 

「物を売るな」みたいなことがかいてあったFacebookの投稿をみて

 

 

 

頭では分かっていたつもりでしたが、実際に体と頭がその動きをして

 

 

 

初めて心にストンと落ちてくる感じがしました。

 

 

 

これらの理由が何か変わったぞ!ということの核心かどうかはわかりません。

 

 

 

ただ1つ言えることは、売ろうとは思わずに擂茶を知っていただこうと思うようになって

 

 

 

僕自身、擂茶を伝えることが前よりも楽しくなったことだけは間違いありません!!

 

 

 

IMG_3834

 

 

 

明日からも、お客さまに対しての擂茶の有益な情報だけを

 

 

 

楽しんでお伝えすることに専念していきます!!!

 

 

 

IMG_3826

 

 

 

 

更に詳しく擂茶の説明を見てみたい方はこちらをどうぞ!

松茶商店ホームページhttp://www.matcha-store.jp/

 

 

こんなことから、あんなことまで

好き勝手に書いてる松茶商店のブログはこちらへ!

松茶商店ブログページhttp://matcha-syouten.jp/