店長ブログ

松茶商店が農業にも力を入れるわけ

松茶商店は農業の勉強を月に2回ほど行っています。

IMG_3224

 

 

土の構造や良い土の作り方から始まり、

 

 

 

何と何を植えれば病害虫から作物を守れるかや

 

 

 

有機肥料の作り方など様々なことを学びます。

 

 

 

また、普通の農業ではなく有機農業を学んでいます。

 

 

 

では、なぜ有機農業を学ぶかというと大きく2つの理由があります。

 

 

 

まず、1つ目に

 

 

 

擂茶の原材料が天然の豆、雑穀類つまり農作物だからです。

 

 

 

原材料の擂り潰す工程や加工の仕方ももちろん大切だとは思いますが

 

 

 

原材料が安全なものであるか、確かなものであるかを

 

 

 

今後、自分の目で鼻で五感で確かめることが出来るように学んでいます。

 

 

 

良い土には良い農産物が出来ます。土も独特の良い香りがします。

 

 

 

これらの事をもっともっと詳しくお客様にご説明できればというのが1つ目の想いです!

 

 

 

2つ目は自分で原材料を生産して加工し擂茶を作りたいという夢があるからです。

 

 

 

松茶商店には全ての原材料が自分で生産できなくても、顔の見える人が作った原材料で

 

 

 

擂茶を作りたい夢があるのです!!

 

 

 

この夢をかなえるために今の努力をおしまずに頑張っていきたいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以外に農業を学習している過程で気づいたこと、学んだこともたくさんあります。

 

 

 

その一つに「芽が出る」といことと「成長する」という事です。

FullSizeRender

 

 

作物は種の状態から発芽させることが出来ない場合もあります。

 

 

 

種を買うと袋の後ろに発芽率が書いてあります。

 

 

 

種を蒔いたからといって、必ず発芽するとはかぎりません。

 

 

 

しかし、発芽しなければ、もう一度蒔けばいいだけの話しなんです!

 

 

 

私も一度、発芽に失敗し凹みましたが、その失敗から学びなさいと農業の先生は

 

 

 

教えてくださいます。これは、非常に今やってる仕事に似ているような気がします。

 

 

 

何度でも失敗しやり直して何とか皆さまのもとに届けることが出来るようになった

 

 

 

松茶商店の擂茶と同じです。芽が出るまで蒔きつづけた結果だと思っています。

 

 

 

もちろん、サポートしてくださった多くの方のお蔭というのは言う間でもないのですが‥‥

 

 

 

もう一点は、芽が出てもすぐに実がならないという点です。

IMG_3304

 

 

やり始めて直ぐに結果は出ない。毎日の水やりの積み重ねで芽は大きくなる。

 

 

 

そして、葉を付けるのだとわかりました。そうなると徐々に成長のスピードも

 

 

 

早くなっていきます。これも、仕事と同じことなんだろうなぁ~と今は感じています。

 

 

 

わからずに焦ってばかりの時期もありましたが、今は本当にいい勉強をしていると

 

 

 

肌で感じています。自然の摂理なのかもしれませんね!

 

 

 

そう信じ思えるようになったのも「農」があったからかもしれません。

 

 

 

一足飛びではなくコツコツと積み重ねていく商店であり続けたいです!

IMG_3400