店長ブログ

当たり前のこと

私たちは、毎日、当たり前に起きて

 

 

 

普段通りの生活をして過ごしている。

 

 

 

これは、私が当たり前に起きることが出来なくなるなるまで、

 

 

 

目が覚めて1日が普通に始まると思い込んでいると

 

 

 

最近、感じる様になった。

 

 

 

松茶商店を立ち上げて2年の間、走り続けて来て

 

 

 

恥ずかしながら、色々考えすぎて寝れない日や、

 

 

 

単純に作業に追われて寝る時間のない日もあった。

 

 

 

2年間、休むことも出来なかった。

 

 

 

その中でも最高潮に疲れた時に、ふと思ったことが、

 

 

 

「明日、目が覚めへんかもしれんなぁ~」

 

 

 

そう思って眠りにつき、

 

 

 

次の朝、目覚めた時に思ったことは、

 

 

 

今日、目が覚めたという事は、

 

 

 

今日も客家擂茶を沢山の人に伝えてもいいんだ!

 

 

 

ということでした。

 

 

 

客家擂茶を日本全国に伝えたいと思い、

 

 

 

毎日、色々と動き回っていると沢山の問題にぶち当たります!

 

 

 

輸入の問題や、金銭的な問題、人的な問題など

 

 

 

本当に様々です。

 

 

 

しかし、多くの問題ごとが奇跡に近いような形で

 

 

 

クリアできています。

 

 

 

それは最初のスタートから、そうでした!

 

 

 

それらを踏まえて考えると

 

 

 

生かされてると考えよう!と思ったわけです。

 

 

 

そして、皆様に当たり前に毎日を過ごしていただけるような

 

 

 

客家擂茶であるべきだと思いました。

 

 

 

それは、客家擂茶が薬のような悪いところを治すものではなく

 

 

 

当たり前の毎日を過ごす、良質のお食事のような

 

 

 

お茶だと感じることが年末から今日にかけて

 

 

 

多々あったからです。

 

 

 

最近は、客家擂茶を甘酒で割る飲み方をおすすめしていますが、

 

 

 

年末にかけて甘酒と飲まれた方が、

 

 

 

「体調を崩さなかった」と

IMG_8605

 

 

言って下さったことや、

 

 

 

定期販売でご購入のお客様が1度ストップされても

 

 

 

必ず、お戻りになられるということ、

 

 

 

半年前や1年前にご購入のお客様が

 

 

 

よく再度、ご注文して下さるということで

 

 

 

感じるようになりました。

 

 

 

また、自分も2年の間、休みなく走り続けてこれたのは

 

 

 

客家擂茶のおかげではないかと

 

 

 

最近、お客様に言われて感じるようになりました。

 

 

 

当たり前と感じていると何にも感じない。

何か、当たり前が感じられなくなることが起こるか、

有難いと考えないかぎり、

普通のことほど気づきにくいと分かりました!

 

 

 

客家擂茶により、体調を崩さなくなれば、

 

 

 

客家擂茶を忘れてくださっていいかなぁ~と

 

 

 

そして、当たり前に毎日をすごしていただければいいかなぁ~と

 

 

 

当たり前が当たり前でなくなった時に

 

 

 

思い出していただき、毎日飲んでいただければ

 

 

 

嬉しいなぁ~と感じます。

 

 

 

最近、豆・雑穀を食べてないからかなぁ~とか

 

 

 

栄養のバランスが悪いかなぁ~という時に

 

 

 

思いだしていただければなぁ~

 

 

 

そんなことを考えながら書いてみました(^-^)