店長ブログ

松茶商店の夢

松茶商店では、食べるお茶!擂茶(れいちゃ)を日本に住んでいる人が誰でも知っているお茶にしたいと考えています。

 

自分自身が台湾で飲んだ時の感動と、見た目とのギャップを皆様にも感じていただきたいと思っています。私は、初めて飲んだ時には本当にビックリしました。今でも営業に行き試飲いただくと、かなりの確率で驚いていただけます。いい意味で皆様の期待を裏切る飲み物なんです。飲み心地やのど越し、風味や味、すべてにおいて見た目と異なります。

 

なつかしい味がしますが、今までに飲んだことのない飲み物

 

この表現が擂茶には、しっくりきます。

 

松茶商店のサイトでは、こんな擂茶の事をもっともっと深く深く調べていきお伝えしていきたいと思っています。

 

また、擂茶に求める健康についてや歴史。もっと手前の食品についてや原材料について、更に手前の原材料を作る事、つまり農業についてなど様々な視点から松茶商店のこだわりが伝え続けれればと考えています。