客家

SIID CHA

松茶商店の擂茶(れいちゃ)は全て台湾のSIID CHAから

 

 

 

直接、輸入しております!

 

 

 

さて、SIID CHAってどんなメーカーなの?と気になると思うので

 

 

 

松茶商店の全ての情報を発信していこうと思います!!

 

 

 

まずは、いつもお話させていただいている副社長は客家民族の方です。

 

 

 

IMG_2299

 

 

 

豆や雑穀類を擂り続けるという根気のいる作業は、

 

 

 

勤勉な客家民族でしか出来なかったことだと思いますし、

 

 

 

正に客家民族の知恵であり財産であると思います!!

 

 

 

その中でもSIID CHAは、低温焙煎の技術を30年以上も研究し続けて、

 

 

 

2,000年には、台湾国内第1位の客家擂茶の生産工場になりました。

 

 

 

低温焙煎とは、特殊な技術のようで、

 

 

 

以前お伺いした自然食を日本で30年以上も販売されている

 

 

 

企業の社長に教えていただいた低温焙煎の麦茶の事を思い出しました。

 

 

 

通常の麦茶と違い低温で焙煎することにより栄養分を

 

 

 

損なうことなくそのまま吸収できる。

 

 

 

通常の麦茶は高温焙煎なので焦げてしまっていて色も濃いし栄養分も

 

 

 

加熱しすぎて少なくなってしまっているということでした。

 

 

 

そういうこだわりの製法は手間もコストもかかるが

 

 

 

今は、そういうこだわりが大切だと教えていただきました。

 

 

 

それをSIID CHAでは30年以上も前から研究されているのがわかった時は

 

 

 

本当に擂茶は良いものだと確信しました!!

 

 

 

すみません。少し話しが横道にそれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

SIID CHAは台北の誠品書店という本屋さんと

 

 

 

(結構大きな書店で、日本でいうと代官山のTUTAYAと同じクラスとおっしゃられていました)

 

 

 

IMG_1723

 

 

IMG_1726

 

 

 

九份(キュウフン)という千と千尋の神隠しのモデルになったのではという

 

 

 

情緒あふれる町にカフェがあります。

 

 

 

(ここでお店を構えるのもかなり大変との事です)

 

 

 

DSCF5341

 

 

 

僕が擂茶を日本の人に伝えたいと思い、

 

 

 

妻の友人にSIID CHAに連絡をとっていただきました。

 

 

 

(妻の友人は台湾の人とご結婚されて台湾に住まれています。)

 

 

 

お会いすることになったのは九份(キュウフン)の

 

 

 

SIID CHAのカフェでした。

 

 

 

もちろん最初に飲んだのがSIID CHAの擂茶だったので

 

 

 

SIID CHAに行きたいと妻の友人には伝えました!

 

 

 

もし、思いが伝わらなかったら台北のそごうで販売していた擂茶メーカーと

 

 

 

北埔(ベイプー)の擂茶メーカーにもお伺いし

 

 

 

何が何でも擂茶を日本で伝えることを胸に誓って

 

 

 

一人で台北に旅立ったのが本当に昨日のことのように鮮明に思い出されます。

 

 

 

そして、この思いをSIID CHAに伝えたら、なんと!!

 

 

 

その両方のメーカーの擂茶もSIID CHAで作っているとのことでした。

 

 

 

そして、日本にある擂茶も持って行っていたので見てもらうと

 

 

 

従業員の方が擂茶の匂いを嗅ぎ、もしかするとこの擂茶も

 

 

 

うちで生産した物かも知れないとおっしゃられていました。

 

 

 

このときほど自分の運の良さに感謝したことはありません!!

 

 

 

そして、どこの誰かもわからない日本人の僕に擂茶を卸していただける事にも

 

 

 

本当に感謝感謝でした!

 

 

 

通訳してくださった妻の友人のご主人さんにも

 

 

 

今でも本当に感謝しています。

 

 

 

僕は、言葉はわかりませんでしたが、長年の営業経験からか

 

 

 

僕の想いを伝えようというすごく強い気持ちと気迫が伝わってきましたし、

 

 

 

商談の流れは肌にビンビンと感じてきました!

 

 

 

2日間に渡る交渉の結果にいただいた

 

 

 

OKのお返事は一生の宝物です!

 

 

 

そして、このときにお話しいただいた、もう一つのありがたいお話は、

 

 

 

「日本人の好きなようにもブレンドしてあげるよ!」というお話でした!

 

 

 

それは、SIID CHAが1日に1,000㎏の擂茶を製造する

 

 

 

業界最大手企業の証だと思いました。

 

 

 

擂茶が日本でもっともっと広がった時には、より日本の人たちに

 

 

 

喜んでいただける擂茶にしていただきたいと今も強く強く思っています。

 

 

 

そして、SIID CHAはISO22000やHALAL、HACCPなどの国際認証なども

 

 

 

取得している安全意識の高い企業でもあります。

 

 

 

また、パッケージデザインにも力をいれていて2013年にはIFという

 

 

 

ドイツのデザイン大賞も受賞されています。

 

 

 

色々な豆と穀物の持ち味を最大限に引き出せるよにさまざまな実験をして

 

 

 

現代の人と生活に合ったお茶を考え出すという哲学をもとに

 

 

 

台湾国内の展示会などにも出展されています!

 

 

 

自分の2つの手で擂茶を擂るという哲学!擂棍れいこん(擂茶を擂るための長い棒)を強く握って100万回1000万回と擂り潰すというのが勤勉な客家民族の文化なのです!

 

 

 

このような思いの企業がSIID CHAで

 

 

 

色々な100種類以上の穀物から厳選した、生活の中で最も素朴な素材の味を感じることのできる幸せなお茶!

 

 

 

そのような客家の知恵と客家の文化がたくさん詰まっているのが擂茶(れいちゃ)なんです!!

 

 

 

IMG_2267

 

 

 

今回は、SIID CHAのホームページにプラスして

 

 

 

客家の想いとSIID CHAの擂茶への思いを松茶商店でも伝えていけたらと考えて書いてみました!!

 

 

 

IMG_1766

※九份(キュウフン)のSIID CHAから見た風景

 

 

 

 

 

 

 

今後とも、擂茶(れいちゃ)を宜しくお願い致します。