客家

台湾客家料理

客家民族は秦の時代より、華北から6回も華南への

 

 

大きな集団移動をしたとされ広東省東部、香港の新界、

 

 

河南省南部、福建省西部の山地や丘陵地帯を中心に生活しています。

 

 

また、四川省、広西チワン族自治区や

 

 

台湾、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどへ海を渡って移住した人も多く、

 

 

これらの広い地域で伝統的に食べられてきた料理が客家料理です。

 

 

山間部に住んでいる客家の人たちは鶏、アヒル、豚などの家畜を育てながら

 

 

山の幸であるタケノコや山菜、キノコ、川魚などを食べています。

 

 

華南などの農耕の出来るところでは、米やその加工品(ビーフンなど)、

 

 

サツマイモを主食として煮物や蒸し物を中心とした素朴な料理を

 

 

おかずとして食べています。

 

 

そして、客家料理は携帯や保存がきく漬物、乾物、燻製を利用するものが多いようです。

 

 

また、労働により汗をかいたときの塩分補給と体力維持のため

 

 

脂っこいものや、味付けの濃いものも多いようです。

 

 

一方で、スープなどは非常にあっさりしたものもあるようです。

 

 

基本的に自分たちで食べるために用意する素朴な料理として伝わってきたため

 

 

店で食べても庶民的でそんなに高いものではなかったです。

 

 

調理法でも、石蒸しや竹蒸し塩蒸しなどの多彩な蒸し方使う料理があります。

 

 

素材を包丁や棒で叩いて細かくつぶす料理が多く、擂茶もその一つだと思われます。

 

 

日本と同じく杵と臼でつく餅米の餅ももあります。

 

 

客家料理にはこのような共通する調理法、素材の特徴があるほか

 

 

周辺の料理や流通している食材の影響をうけ、

 

 

地域ごとの違いもあります。

 

 

主に省単位で地域分けして

 

 

広東省東部の東江料理(とうこうりょうり)、

 

 

江西省南部や広東省北部の贛南料理(かんなんりょうり)、

 

 

福建省西部の閩西料理(びんせいりょうり)、

 

 

台湾の台湾客家料理(たいわんはっかりょうり)に分けて扱うことが出来ます。

 

 

中国語で「台灣客家菜」(タイワンコーチアツァイ  客家語 トイヴァンハッカーツォイ)

 

 

次回は、実際にそんな台湾客家料理を食べてきた経験をお話しします。

IMG_1487